', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

アントシアニン

アントシアニン


アントシアンという青色の花の色素群

(普通酸性溶液中で紅色,アルカリ性溶液中で青色) のうち,

配糖体となっている物質の総称。


色素本体はアントシアニジン,

それが糖と結合した配糖体がアントシアニンで,

両者の総称がアントシアンである。


ポリフェノールの一種。

ブルーベリーやぶどう、赤じそ、なす、

さつまいもの皮などに含まれる青紫色の色素成分。


強力な抗酸化作用があり、

目の機能を向上させ、血圧上昇を抑制する働きをもつほか、

活性酸素の抑制、肝機能改善、毛細血管保護、血小板凝固の抑制、

動脈硬化などの生活習慣病予防などの効果があるとされる。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional