', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

アントシアニンとロドプシン

アントシアニンとロドプシン

画像の説明

ブルーベリーアントシアニン色素は、

どのように目にいいのか、目のどこにいいのか

についての科学的な説明をしていきます。


目のスクリーンと言える網膜に光の像が結ばれ、視神経が光の像の刺激を読み取ります。

網膜はかなり薄い膜ですが、それでも幾層かの膜が重なって形成されています。


さらに、ミクロ単位で見ると、いかに薄い膜とはいえ、

凹凸があり、突起物がたくさんあります。


そしてその突き出した部分に、ロドプシンという色素が存在します。

じつは、この色素が「見える」事と深く関わっているのです。


ロドプシンは、光の刺激を受けると分解されてしまう性質を持っているますが、

瞬時にもとのロドプシン色素に再合成されます。


この分解と再合成の連続作用が脳(後頭葉の視領域)に伝わり、人間の視覚になります。


つまりものが見えるということになります。


ロドプシンの分解と合成をいかに活性に行っているか、

いかに素早く行うことができるか、

その視力の一つの指針になると言えるでしょう。


ブルーベリーアントシアニン色素は、

このロドプシンの再合成を活発化される働きがあります。


なぜ、アントシアニン色素が、ロドプシンの再合成を助ける働きがあるのか、

そのメカニズムはまだ解明されていません。


しかし、事実としてアントシアニン色素を投与すると、

ロドプシンの再合成が活発になるという臨床データは既に取れているのです。


つまり、アントシアニン色素が、視力をアップさせるということは、

科学的に証明されているのです。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional