', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

アントシアニンの抗炎症作用、抗潰瘍作用

アントシアニンの抗炎症作用、抗潰瘍作用

画像の説明

アントシアニンには局部の血行を高め、

潰瘍などの粘膜の欠損を埋める抗潰瘍作用があるとされています。


また、アントシアニンには炎症を押さえる働きも確認されており、

その強さ(アントシアニンが炎症を抑える効果)は

アスピリンの10倍もの効果がありながら、

胃にも負担がかからないという、大変優れた力をもつとされています。


古代米、ブルーベリーやアヤムラサキという種類のサツマイモに含まれている紫色の色素。


抗酸化物質ポリフェノールの一種で、

視神経の働きを支えているロドプシンという色素の再合成を促して、

疲れ目を改善し、視力を向上させます。


活性酸素の生成を抑制し、血液をきれいにする作用もあります。


農林水産省の実験で、

肝障害のラットにアントシアニンを含むアヤムラサキジュースを飲ませると、

血液中の有害物質が3分の1まで抑えられました。


このことから、アントシアニンは肝機能を向上させることが分かりました。


最近の研究では、

アントシアニンが血圧を上昇させる酵素の働きを阻害することが分かっており、

血圧抑制効果が期待できます。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional