', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

アントシアニンの抗酸化作用

アントシアニンの抗酸化作用

画像の説明

アントシアニンは、目を始めとする体の老化や種々の疾患に

深いかかわりのあるといわれている活性酸素を除去する

抗酸化作用が認められています。


活性酸素は、紫外線やストレスなどで体の中に発生し、

大量に発生すると、ガンや脳卒中、動脈硬化を引き起こすこともあるといわれています。


アントシアニンと同じ抗酸化作用のあるものとして、ビタミンCがありますが、

アントシアニンはビタミンCより安定した抗酸化作用を示し、

さらに、数あるアントシアニンを含む食品の中でもブルーベリー

特に強い抗酸化作用を示しています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional