', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

アントシアニンの視力改善作用

アントシアニンの視力改善作用

アントシアニン

ルーベリー類に多く含まれるアントシアニン(ブルーベリーの紫色の色素)は、

ロドプシンの再合成を助ける効能があります。


ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、

ロドプシンに光が当たる事によって生じる信号が脳に送られて、

『目が見える』と、認識されます。


しかし、ロドプシンは光にあたる事により、

ビタミンAに分解され、もう一度ロドプシンに再合成されます。


長時間目を酷使し続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。


ブルーベリーなどに多く含まれる色素のアントシアニンには、

ロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労を回復し、

視力を改善する働きがあるとされています。


この色素のアントシアニンの作用こそが、

ブルーベリーは目によいとされる一番の理由なのです。


また、ブルーベリー類に多く含まれるアントシアニン

網膜に張り巡らされた毛細血管の保護・強化作用、血液循環を向上させる効果や、

角膜・水晶体などに含まれるコラーゲンを安定させる作用もあるようです。


アントシアニンの機能改善作用


アントシアニンブルーベリーの紫色の色素)の眼精疲労回復、視力改善作用には、

高い即効性が報告されています。


アントシアニンブルーベリーの紫色の色素)の摂取後4時間程で回復が見られ、

24時間程度で消失するとされています。


ウサギによる実験では、アントシアニン投与後約10分後で、

アントシアニンを投与されていないウサギに比べて

約2倍のロドプシンが確認されたとの報告があります。


また、ある釣り人達のグループで

「釣行の直前にブルーベリーアントシアニン)を食べると、

浮子の動きが良く見える」と、誰かが言い出して、

釣行の直前にブルーベリーを食べることがグループ内で流行したそうです。


彼らは、それを「(ブルーベリーの)ドーピング」と呼んでいたとか。


少々不謹慎な言い回しですが、

それほどブルーベリーアントシアニン)の即効性が感じられたということなのでしょう。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional