', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

アントシアニン色素の効果

アントシアニン色素の効果

画像の説明

ブルーベリーアントシアニン色素が、ロドプシンの再合成を助けると、

具体的にどのように「見える」事の変化が現れてくるのでしょう。


ブルーベリーが目にいいのではないかと言う事は、

イギリス空軍のパイロットの体験から研究され始めたこと。


フランス航空生理学医学界が行った、極めて信憑性の高い実験・研究です。


その結果は、目の眩、疲労、暗い場所での視覚、

それぞれブルーベリーエキスを服用したほうが、それぞれにおいて改善が見られた。


この実験で、イギリス空軍のブルーベリー好きパイロットの私的的な体験談は、

科学的な話として証明されました。


これ以外でも、ブルーベリー効果を確認するために、

世界中でいろいろな実験が行われてきました。


ブルーベリーがどれだけ目の機能アップに効果があるかを紹介します。


1964年に34人と対象に実験が行われ、網膜の適応曲線の改善(網膜の光に対する反応について)

薄明かりの中で、視力が改善されることが確認されました。


また、最大の変化は、投与のあと4時間であれわれ、

24時間後には解消してしまうことも報告されています。


ひきつずき、1965年、色素性網膜炎の治療にブルーベリーエキスの投与を行いました。


その結果、かなりの改善が認められました。


さらに、その時、ブルーベリーエキスの投与によって、視野が拡大することが確認されています。


つまり、ブルーベリーによって、網膜が活性化することが証明されたのです。


1968年、多数の夜盲症の患者に、

ブルーベリーエキスを3ヶ月投与し、研究と治療をした結果、

網膜の光感受性が改善していること、これと同時に、

副作用がないことも確認されました。


以上のような実験・研究からも、

ブルーベリーは視力改善に効果があることはお分かりいただけると思います。


でも、それだけで驚いてはいけません。

なんとブルーベリーのパワーは、目だけではないからです。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional