', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

コラーゲン

コラーゲン


硬たんぱく質のひとつ。


動物の体の中の結合組織に多く含まれている繊維性のたんぱく質で、

特に皮膚・骨・腱(けん)などに多く含まれており、

人体の総たんばく質の約30%を占める成分。


アミノ酸からつくられ、骨や軟骨の形成に重要な役割をもち、

細胞をつなぎとめる働きをするほか、

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防、関節痛の緩和、リウマチの改善、

アレルギー体質改善、肌の張り・柔軟性の保持などに効果が期待できる。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional