', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリー

ブルーベリー


ツツジ科スノキ属の低木。

北アメリカ原産で二十数種がよく知られる。

いずれも小果樹として利用される。


おもな栽培種はアメリカの東部に多いハイブッシュ・ブルーベリー

北東部とカナダに多いローブッシュ・ブルーベリー

北東部からカナダに多いダウニスワンプ・ブルーベリー

北東部に多く、果実が赤く熟すクランベリーや南東部に多いラビットアイなどである。


これらは一般に葉肉は厚く、葉形は卵形から長卵形、

全縁で長さ1センチメートル、多くは落葉性である。


4~5月に白色の小鐘状花を房状につける。

果実は球または扁円(へんえん)形で1~1.5グラム。


夏から秋にかけて熟し、

濃青黒、濃紫、濃いえび茶、赤色などとなり、

果面に灰白色の果粉をかぶる。


甘酸っぱく、ジュース、タルト、パイ、ジャム、砂糖煮、プリザーブ、缶詰などにする。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional