', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーが日本に来て40年

画像の説明

ブルーベリーが日本に来て40年


ブルーベリーが日本に紹介されたのが、今から約40年前になります。


戦後の痛手からようやく立ち上がろうとしていた頃です。

また、ブルーベリーの本格的な栽培が始まるまでには、

それから20年を待たなければないりません。


つまり、本格的に栽培が始まったのは、わずか20年なのです。

日本でブルーベリーは、20年間しかたっていないのです。


つまり、日本人はブルーベリーの栄養などは知らない人ばかりと言えるでしょう。

ブルーベリーに含まれる栄養には、例えば、スエーデンでは、下痢止めにも使われます。


ヨーロッパのスキー場では、

ブルーベリーのスープがレストランのメニューにあったりしますが、

それは風邪に良いからとされています。


民間療法でも重宝されているブルーベリーですが、

その真の実力が目にいいことであるということです。


視力低下にお悩みの皆さんに、

ぜひ、ブルーベリーの本当のパワーを知ってもらいたいと思います。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional