', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーが注目される訳

ブルーベリーが注目される訳

ブルーベリー

ブルーベリーが注目されるのは日本だけではありません。

ブルーベリーの研究は、日本よりもヨーロッパ、

特にフランスやイタリアが進んでいます。


それは、ブルーベリーに含まれている天然色素のアントシアニンが、

目の機能向上や血管系の疾病にかなりの効果があることが明らかとなり、

注目されているからなのです。


最初のきっかけとなったのが、第二次世界大戦中、ブルーベリージャムが好きだった

イギリス空軍のパイロットが、「薄暗い中でも、ものがはっきりと見えた」

という証言からで、その後研究や実験が行われると、

ブルーベリーに含まれる、アントシアニンには、

確かに目の機能を向上させる働きがあることが確認されました。


もう一つの注目点は、アントシアニンは腸管で吸収され、血液の中に、

ほぼそのままの形で現れるということです。


このことは、目の向上だけでなく、血管の保護や抗腫瘍作用、

血液の循環をよくすることや、抗炎症作用などの効果があるということです。


ブルーベリーの中には、アントシアニン以外にも、

クロロゲン酸フラボノイドなどのポリフェノール類が

含まれていることが確認されています。


これらの成分は、活性酸素(老化やガンの原因となるもの)を防ぐ働きがあります。

その他に、動脈硬化やがんの予防、アルツハイマー病、

高血圧症、免疫を高めるなどの働きがあります。


日本には、ブルーベリーのジャムやお菓子の素材として知られていますが、

欧米では、古くからブルーベリーの効能が認められており、

ブルーベリーのエキスや錠剤が眼科系疾患の治療薬として使われています。


今やコンピューター社会になり、目のストレスや視力の低下は深刻な問題となっています。

そうした中で、ブルーベリーは、目に良い食品として注目されているのです。


そして、老化やガンの原因となる、活性酸素をも除去してくれる食品なのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional