', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーと白内障

ブルーベリーと白内障

画像の説明

ブルーベリーが白内障に良いと言われいます。


その理由の一つとして、

アントシアニン」という物質が豊富だからです。


白内障は、水晶体の主成分であるタンパク質が酸化して、白濁する病気です

その原因としてあげられるのが、このタンパク質の酸化によるもので、

活性酸素」が影響しています。


活性酸素とは、呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が変化して、

攻撃性が高くなった状態のものです。


体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するという重要な役割も担っていますが、

増えすぎると、体にさまざまな悪影響を及ぼすのです。


ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、

この活性酸素を抑制する抗酸化力があります。


そのためブルーベリーは、

白内障の予防や進行スピードを遅らせる効果が期待できるのです。


またアントシアニンには、

目の網膜にある「ロドプシン」という物質の再合成を助ける働きもあります。


私たちが物を見ることができるのは、

ロドプシンが分解と再合成を繰り返しながら、

網膜に映った映像を電気信号に変えて、脳に伝達しているからです。


ロドプシンには、この再合成を活性化し、

目の暗順応(目が暗闇に慣れる機能)を早くする効果があります。


このためブルーベリーは、

目に良い食べ物として、広く知られているのです。


ブルーベリーと老化や白内障の改善


白内障にもブルーベリーアントシアニンは効果があります。


目の老化を止める働きがあるからです。

ですから、老眼も随分良くなると思います。


目の血行が良くなって、

網膜体筋の柔軟性も取り戻され、代謝機能が改善されるからです。


ブルーベリーアントシアニンは、

トータルな意味で目の活性化する働きがあるからです。


白内障は、目の老化現象などと言われていますが、

その老化を止めるには、

ブルーベリーアントシアニンが効果的です。


老化の原因と考えらている

活性酸素を除去する効果があるからです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional