', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーと緑内障

ブルーベリーと緑内障

画像の説明

緑内障は、目に栄養を運んでいる房水の巡りが悪くなり、

眼圧が高くなっておきる病気です。


毛様体筋は毛様体動脈を通じて、防水を循環させて角膜や水晶体に栄養を与えます。


その房水は毛様体筋からでて、光彩の後ろと、水晶体の間に流れて、

角膜や光彩の前の部分に流れて行き、遇角から眼球外に出て、静脈に流れていきます。


ブルーベリーアントシアニンの濃度が高いサプリメントを服用することで、

アントシアニンの生理活性機能の中にある、血管保護機能、循環改善機能、

ビタミンP様機能などが、力を発揮して、改善に向かいます。


水防の循環が回復し、眼圧も正常に戻っていきます。


また、緑内障は、防水の循環が悪くなって発症するわけですから、

目の機能低下であり、老化も一つの原因と考えられます。


老化の原因はいろいろありますが、直接老化を進める物質は、

活性酸素」と呼ばれています。


活性酸素は、老化の直接の原因であり、あらゆる病気の素とも言われています。


その活性酸素を、きれいに掃除をしてくれる効果のあるのが、

ブルーベリーアントシアニンの持っているパワーです。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional