', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの効果とポリフェノール

ブルーベリーの効果とポリフェノール

画像の説明

ブルーベリーには、抗酸化成分として重要なアントシアニン系の色素が含まれます。


アントシアニン系の色素は、ポリフェノールの一種としても知られる成分で、

細胞の老化を防いでアンチエイジング効果を促進させる優れた効果があります。


ビタミンやミネラルがバランスよく含まれていますが、

抗酸化成分のビタミンCとポリフェノールが一緒に含まれていることが非常に大事なのです。


ブルーベリーに含まれるビタミンCは、メラニンの色素沈着を抑制したり、

コラーゲンの生成を助けるという重要な効能があります。


ポリフェノールの抗酸化力も加わるため、

ブルーベリーを利用していればアンチエイジングのための相乗効果が高まります。


ブルーベリーとポリフェノール


ポリフェノールと聞くと、赤ワインを想い浮かべる人は多いと思います。


では、ポリフェノールとは、どんな効果があるのか?

また、ポリフェノールの含有量が多い食品はなんでしょうか?

そこで、少し調べてみました。


まずは、ポリフェノールの効果についてですが、

私たちの体内で悪玉コレステロールの酸化や

過剰に作られた活性酸素を抑えてくれる効果があります(抗酸化作用)。


活性酸素は、体内でばい菌やがん細胞と戦ってくれる酸素で、

必要に応じて生成されますが、日常のストレスや喫煙、

紫外線等によって過剰に生産されやすいのです。


過剰な活性酸素は老化や生活習慣病の原因になるため、

ポリフェノールを含む食品をこまめに摂取することで、

この活性酸素を抑制する働きがあるということです。


つまり、アンチエイジングや病気に対する抵抗力に

効果があると考えられているのです。


では、このポリフェノールの含有量が多い食品はどんなものなのでしょうか。


● まずは下記をご覧ください。

100gまたは100mlに含まれるポリフェノール含有量(mg)


飲料

コーヒー  200

緑茶 115

赤ワイン 101

紅茶 102

100%リンゴジュース 68

白ワイン 10


果物

ブルーベリー 300

いちご 235

ソルダム  246

ラズベリー 215

プルーン 189

ぶどう 160

りんご 136

みかん 105

桃 59


野菜

黒オリーブ 569

グリーンオリーブ 346

紫たまねぎ 168

ほうれん草 105

たまねぎ 65

ブロッコリー 45

じゃがいも 28


ナッツ類・香辛料・調味料

クルミ 1215

乾燥オレガノ 2319

乾燥セージ 1207

乾燥ローズマリー 1018

乾燥バジル 322

カレーパウダー 285

アーモンド 187

オリーブオイル 62


お菓子

ココアパウダー 3448

ダークチョコレート 1664

ミルクチョコレート 236

緑茶のど飴 105


驚く事に、ココアやチョコレートには、

非常に多くのポリフェノールが含まれています。


また、噂通り、赤ワインの含有量も比較的多く、

この数値はワインの品種やメーカーによっても若干の差があります。


果物の中では、一番多いのが、ブルーベリーということが解ります。

このことから、ブルーベリーサプリメントが、

効果があることがよくわかります。

ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional