', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの効果の出る摂取量

ブルーベリーの効果の出る摂取量


ブルーベリーアントシアニンに含まれる効果が得るためには、

どれぐらいの量を摂ればいいのでしょうか?


これは一日にアントシアニン120~250mg摂取する必要があると言われています。


これだけのアントシアニンを摂取するためには、

野生のブルーベリーに換算して120~250グラム程食べる必要があります。


これを栽培種で取ろうとすると、1200~2500グラムにもなってしまいます。


いかに果物好き、ブルーベリー好きとは言え、

一日に1キロ以上も食べることは、困難と言えます。


「それなら野生種を食べればいいのではないか}と言いますが、

日本では手に入りにくいのです。


それは、日本にはほとんど自生していないからです。

信州地方にごくわずかありますが、これに含まれるアントシアニンの量は、

北米地方に自生する種類に比べて少ないと言わざる負えません。


さらになんと言っても、野生種の場合は、収穫できる期間が限られていることです。


ですから毎日の食卓に野生のブルーベリーを望んでも、

日本では残念ながら叶わない願いなのです。

そのため、ブルーベリーサプリメントを利用すことで、

毎日の健康維持ができるのではないでしょうか。


ブルーベリーの効き目はどれくらいで出る?


ブルーベリーの目についての効果の実験によれば、

摂取してから約4時間で現れ、

24時間後にはその効果が消えることがわかっています。


この実験から、アントシアニン色素には、

連動性があるということが明らかになりました。


ですから、糖尿病から来るかすみ目なども、

ブルーベリーで改善されたという報告があります。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional