', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの効果は薬品会社は知っている

ブルーベリーの効果は薬品会社は知っている

画像の説明

ブルーベリーが、どんな食べ物か、それにどんな味がするのかは、

みなさんも良くご存知のことと思います。


スーパーでも、コンビニでも、ジャムなどに加工したものを売っているのをよく見かけます。


確かにイメージは、自然の恵みといったことで、健康に良さそうな食べ物であると言えます。


しかし、中には本当に健康にいいのだろうか?と疑問を持つ方もいることともいます。


しかし、心配はいりません。


既に実証され、ブルーベリーが目に良い効果をもたらすことは科学的根拠があるからです。


ある製薬会社が、目や網膜を強くする薬を開発するためにブルーベリーを研究し、

目に良い薬として、ブルーベリーを活用したものが、製品化され、

いつでも発表できるところまで、に至っていましたが、発売までには至りませんでした。


その理由は、日本では、法律的に薬にならないからです。


つまり、日本の法律では、食品を加工して作ったものは、医薬品ではなく、

食品としての扱いになるからです。


食品として扱ってしまうと、利益率をはじめさまざまな問題が生じるため、

薬品会社では、どうしても商品化できないということです。


効果がないからで無く、効果は予想以上にあるのですが、

医薬品にならないのでは仕方ないからです。


薬として販売できないことを、薬品会社がじたんだを踏んで悔しがったブルーベリーは、

それだけで目に効果があることはお分かりいただけるでしょう。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional