', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの効果的な冷凍保存方法

ブルーベリーの効果的な冷凍保存方法


野菜や果物は生で食べると酵素が摂取できて身体には有効ということはよく知られていますが、

一歩先を行く人は食材を生のまま凍らせるということを始めています。

もちろん、全ての食材が冷凍すれば効果がアップするという訳ではありません


ブルーベリーの有効成分と言えば

抗酸物質“アントシアニン”が有名で多くはブルーベリーの果皮の部分にあります。

冷凍することで果皮の細胞が壊れ、摂取できるアントシアニンの量が増えるそうです。

また、保存期間が数か月と長くてもアントシアニンの減少は見られないそうです

ブルーベリーは、冷蔵保存しておいても約1週間しか保存できないので

食べきれない場合にはすぐに冷凍保存しておいたほうが良いでしょう。


ブルーベリーの冷凍保存方法

1.水で洗ってからキッインペーパーでしっかり水気と取ります

2.フリーザーバッグもしくはポリ袋に小分けして入れます

3.冷凍庫に入れて冷凍保存します


冷凍ブルーベリーの使い方

・ジュース用としてジューサーに入れて使えます

・凍ったままシャーベットとして食べることができます

・半解凍もしくは凍ったままヨーグルトに混ぜてデザートとして食べることができます

・ジャムの材料としても使えます


ブルーベリーの冷凍保存期間

ブルーベリーの冷凍保存期間:6ヶ月程度

※風味の低下等を気にしなければ冷凍臭くなるまでに使い切れば

基本的には食べることはできます


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional