', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの効能

ブルーベリーの効能

ブルーベリー

ブルーベリーは目に良いということはお分かりいただいたと思います。


しかし、ブルーベリーのパワーはそれだけではありません。


いろいろな病気に効果がある、それは驚くべき能力を持っているのです。


現在の死亡の原因は、

悪性新生物・心疾患・心筋梗塞・脳血管疾患・脳血栓や脳梗塞です。


また、糖尿病高血圧疾患となっています。


これが今の死亡原因ですが、これらの病気のほとんどに、

ブルーベリーのパワーが効果を発揮するのではないかと考えられるのです。


ここでは、ブルーベリーの効能についてあげます。


次のような生理活性機能があります。

1 ロドプシンの再合成促進機能

2 血管保護機能

3 ビタミンP様機能

4 抗腫瘍機能

5 循環改善機能

6 抗炎症機能

以上6つが、主な機能です。


この機能を改めて見ていただくとお分かりのように、

粘膜や血管を活性化させる作用があるように見受けられます。

※ ロドプシンについて

※ ビタミンPについて


これらはまさに、3のビタミンPの機能であり、

さらにビタミンPは、1のロドプシンの再合成促進機能ももっています。


つまり、ブルーベリーやそのエキスを食していいると、

現代病と言われるものを、ほとんどと言っていいほど防いでくれるのです。


視力アップ・目の機能アップだけに食するのでなく、

これからの現代病を防ぐという点からも、

まさに現代人には欠かせない食物なもかもしれません。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional