', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの品種改良

ブルーベリーの品種改良


ブルーベリーの原産は、アメリカ北部やカナダと言われています。


19世紀までは、野生種をそのまま採取し、そのまま食すか、

加工していましたが、1908年アメリカの農務省で、

国家的事業としてブルーベリーの産業を発展させようとなりました。


この時には、目に良いからではなく、単に農業の振興のためであったようです。

それ以降は、ブルーベリーの品種改良も進みました。


ブルーベリーの種類

ブルーベリーは大きく分けて3種類あります。

ブルーベリーは、ツツジ科スキノ属の低木で、大きく分けると、3種類に分類ができます。


● ローブッシュブルーベリー

野生種で、木の高さは50センチほど。

カナダと北東アメリカに自生します。

石や岩などの多い荒地などにしっかりと育つ生命力の強さを持っています。

乾燥状態にも強く、寒冷地に育てるのには、向いている種類です。

小粒のしっかりとした実をつけるのが、特徴です。


色は濃い黒紫色です。眼にいいといわれている「ビルベリー」、

別名「ホワールベリー」はこの野生種です。


画像の説明


● ハイブッシュ・ブルーベリー

木の高さは150センチ~200センチです。

アメリカの北東部に自生していて、品種改良が最も進んでいます。

ミシガンやニュージャージーが二大産地です。

そのほかでもカナダやヨーロッパでも栽培されています。

日本でも東北地方や長野、北海道などの寒冷地で栽培されています。

早生種や中生種などがあります。


画像の説明


● ラビットアイ・ブルーベリー

木の高さは、200センチ~300センチです。

ブルーベリーの品種の中でも最高の勢いを持っています。

アメリカでは、東部、ジョージア、サウスカロライナ、フロリダ北部などが原産地です。
暖かい土地向けの品種で、日本では九州などで販売されています。


画像の説明


ちなみに、日本の信州で自生している「浅間ブルーベリー」も、ブルーベリーの仲間です。

品種的には、ローブッシュ・ブルーベリーに近いと言われています。

ブルーベリーといえば信州というイメージがあるものですが、

浅間ブルーベリーがあるからかもしれません。


画像の説明


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional