', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの成分

ブルーベリーの成分

画像の説明

ブルーベリーには、天然の赤紫色の成分である、

アントシアニンが含まれています。


アントシアニンは、アントシアニジンとブドウ糖、

ガラクトースといった糖の結合したものです。


アントシアニンは、主に果皮と果肉の間に多く含まれていて、

もともとブルーベリーは、皮ごと食べる果実なので、

摂取しやくい果実です。


アントシアニンは、目の向上に大変良いわけですが、

アントシアニン色素で、120~250mg、

生の果実なら、一日に90~180gを摂取することが必要です。


ブルーベリーには、アントシアニン以外にも

クロロゲン酸フラボノイドなどのポリフェノール類や食物繊維が

皮や種子に多く含まれます。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional