', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの生理作用

ブルーベリーの生理作用


ブルーベリーは、小粒のブドウよりもづこし小さく、

鮮やかな濃い青紫をした甘酸っぱい果実です。


ツツジ科のスノキ属の小果樹で、野生種から栽培種まで、

その総数は150種と言われています。


そして、品種改良が促進され、

今では大きく3種類に分類されるようになりました。


つまり、ローブッシュ・ブルーベリー種、ハイブッシュ・ブルーベリー種、

ラビット愛・ブルーベリー種です。


この果実の収穫は、6月から9月までですが、

最近スーパーなどでも販売されるようになってきました。

生のままの果実と種子ごと食べられるでけでなく、ジャムやジュースの他、

ブルーベリーの料理とし広く利用されるようになりました。


ブルーベリーにおける、

医学的報告がヨーロッパの生理機能を要約すると次のようです。


1 目の網膜の視紅素の再合成を促進

2 暗さを順応する視力の促進

3 毛細血管の保護

4 ビタミンPに似た作用を示す

5 活性酸素を除去する

6 腫瘍に対し治癒を促進

7 循環器系機能を改善

8 炎症の治癒を促進

9 コラーゲンの合成促進

などがあげられます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional