', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの病気と対策

ブルーベリーの病気と対策


ブルーベリーを育てているとどうしても病気という問題にぶつかります。

しかし、ブルーベリーの育て方としては

病気は他のものよりは心配の少ない植物と言えるようです。


花や実に関する病気のいくつかをご紹介しましょう。

ボトリチス病は花腐れを起します。

薬剤としてはベノミル剤の散布をしましょう。


モリニア病は葉や実を枯らす病気です。

実がブルーになるときに発生する病気です。

トリフミゾール剤を使いましょう。


果実軟腐病はなしの黒斑病の一種で、実がしわしわになってしまいます。
これはキャプタン水和剤を使いましょう。


このようにきちんとした薬剤を的確に使うことで病気は予防できたり、

少しの被害で抑えることができます。

まず、どういう病状かをよく調べるようにしましょう。


病気の対処をしっかりしなければたくさんの収穫を得ることはできません。

ブルーベリーの育て方の中でも病気に関しては

注意をしなければならない病気もありますので、対処を上手に早くすることです。


枝枯れ病は古い枝に発生します。

キャプタン剤を散布するようにしましょう。


枝枯れ病の中でもステムブライトという病気は

前年の枝から春先に黒く発生してきます。

この場合はそのままその枝を剪定してしまいましょう。


根腐れ病は葉が黄色く変化することから始まります。

水の補給量や水はけをよくするように改善しましょう。


もう一つウイルス病というのもがあります。

たまにですが、セッドリングスポット、

モザイクウイルス病等に似ている症状ですが、

同定はされていない状況です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional