', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの美味しい食べ方

ブルーベリーの美味しい食べ方



画像の説明

食べ方の基本、ブルーベリーはどのように食べるのがいいのでしょうか。


ブルーベリーは生で食べても、

甘酸っぱさとほのかな香りが回いっぱいに広がって絶品。


ヨーグルトやホイップクリームをかけても、

独特の風味が存分に楽しめるのがブルーベリーです。


もちろん、ブルーベリージャムも今では、

イチゴジャムにせまる、人気ではナンバーワンの座についています。


しかし、いちばんのおすすめはやはり、生食です。


ただし、ブルーベリーは季節果実。


1年中、生のブルーベリーが味わえるわけではありません。


だからこそ、季節感を楽しむ意味でも「旬」の時期には、

生のブルーベリーを頼張りましましょう。


ブルーベリーの成熟期は種類によって、若干、違います。


ハイブッシュブルーベリーは、6月の上旬から7月の下旬が食べ頃の時期。

その後、7、8月から9月のなかばまでは、

ラビットアイブルーベリーが成熟期になります。


この両者では食感も異なり、

前者は皮が薄くソフトな食べ心地なのに対して、後者は少し、歯ごたえがあります。


いずれにしても、日本でも年間4ヶ月弱は生のブルーベリーが楽しめるわけですから、

その間に一度くらいは″ブルーベリー摘み″に出かけるのも一興ではないでしょうか。


生のブルーベリーを食べるときは、

1粒ずつではなく、3~4粒をまとめて回のなかに放り込むのがいいと思います。


ブルーベリーは同じ樹になった果実でも、

粒ごとに熟れ具合も、持っている甘みや酸味も微妙に違うものです。


数粒を一度に食べると、それらがうまくミックスされて、

甘み、酸味、風味とも一段と楽しい味わいとなるはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional