', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの育て方

ブルーベリーの育て方


実はおいしく、生食やジャムに利用でき、近年は目に良いと言われます。

ドウダンツツジに似た可愛い花が春に咲き、秋には葉が落葉します。


品種

ブルーベリーには暖地向き(関東以西)のラビットアイ系と

寒(高)冷地向きのハイブッシュ系、

日本全国で栽培可能なサザンハイブッシュ系の3系統があります。


植え付け

サザンハイブッシュ系 酸~弱アルカリ性(あらゆる土壌にほぼ対応する)


ラビットアイ系    酸~弱アルカリ性(あらゆる土壌にほぼ対応する)


ハイブッシュ系    強酸性


酸性土壌(土壌PH4.0~5.0)が適し、庭植えであれば掘り上げた土と同量の、

未調整のピートモス3、腐葉土2、赤玉土2、鹿沼土3の割合で用いる。

表土に乾燥防止の為にピートモスやワラを敷きましょう。


受粉

ラビットアイ系は自家結実性(自分の花粉で受粉して実がなる性質)に劣る為、

必ず同系統で異品種を隣接して植えてください。

サザンハイブッシュ系、ハイブッシュ系は1本で実がなりますが、

同系統で混植することにより収穫量のアップが期待できます。


摘花

果実は2~3年でなり始めますが、枝を充実させるために、

幼木の期間(植えてから3年位)は、花芽を摘み取ります。

4年目頃から本格的にならせましょう。


剪定

4年くらいすると株元から新しい枝が勢いよく出てきますので、この頃から始めます。

新しい短果枝を出すために、新梢の先端を切ります。



花芽をふやすために、7月初旬に勢いよく伸びる新梢を摘芯し、

側枝を発生させるとよいです。


肥料

発酵固形油粕骨粉入を秋口と春先に施します。

又露地植えの場合は土壌を酸性に保つため酸性肥料(硫安)

などやピートモスと骨粉入油粕を与えます

(植え込み時ピートを多く使用している場合は骨粉入油粕のみで良い)。


水やり

乾燥を嫌いますので、

特に4~5月の生育期、梅雨明けから盛夏は水切れに注意しましょう。


病害虫

■害虫

1.ケムシ類

「対策」・・・【駆除】スミチオンを散布します。

2.ミノムシ

「症状」・・・枯れ葉や小枝で作った”みの”をかぶった虫が、

葉を食い荒らし、樹皮までかじり、枯らすこともあります。

「対策」・・・駆除】春先、目につくミノムシを捕殺します。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional