', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーの4つの効果

ブルーベリーの4つの効果

ブルーベリー

ブルーベリーの効果とは


日本では法律の関係上医薬品にはならないブルーベリー加工品ですが、

その効果は世界で広く認められています。


特にヨーロッパではいくつかの国で、また韓国でも医薬品として認定され、販売されています。


これらの国では、ブルーベリーの効果が科学的にまた医学的に確定され、

しっかりと認知されています。


特に、フランスやイタリアでは、

ブルーベリーを原料にした医薬品がたくさん販売されています。


ブルーベリーが医薬品として販売されている事実を知っていただきたかったことはもちろんのこと、もう一つ注目して頂きたいことがあります。


それは、それぞれの薬の効果です。


例えて言えば、視力アップ、網膜へ与える影響などが言えます。

また、血管を強くする効果も言えることです。


眼軸の伸展で、圧迫され弱体化されてしまった網膜・脈絡膜を強くしてくれる効果もあるということを表しています。


もちろん血管だけでなく、体全体の血管にも、良い効果をもたらすことは間違いありません。


ブルーベリーの効果には、大きく分けると、4つの効果があります。

ブルーベリーの4つの効果

1 抗酸化作用

2 血管強化作用

3 腸内浄化作用

4 コラーゲン強化作用

この4つの効果がブルーベリーの効果と言えるでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional