', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ブルーベリーは活性酸素を抑制する

ブルーベリーは活性酸素を抑制する

画像の説明

活性酸素という言葉を最近よく聞くようになりましたが、

活性酸素とはどんなものなのかご存知でしょうか。


活性酸素は、私たちから健康を奪っていってしまうのです。


特にガンや老化と深く関わっていると言われています。

活性酸素は体に良くない。


このことは1956年にアメリカ・ネブラスカ大学の放射線生物学者D・ハーマン教授が、

活性酸素論を発表してから、世間の興味を引くようになりました。


太陽光線を浴びるとガンになりやし、」そんな話を聞かれた人の多いと思います。


太陽光線とガンと言うば、すぐに皮膚ガンを連想しますが、彼が唱える説によると、

太陽光線が関係あるのは皮膚がんだけではありません。


活性酸素論から、D・ハーマン教授は、太陽光を浴びるとガンになりやすい,と主張しているのです。


では活性酸素とは・・・。


ハーマン教授は、人間は太陽光線をいつも浴びると、体の中に活性酸素が発生します。


これが細胞を破壊し、そのため老化がはやまり、ガンや動脈硬化、免疫不全など、

いろいろな病気を引き起こしてしまうことになります。


現在は活性酸素が、人間の病の引き金になることがはっきりとしました。

そのため活性酸素を抑えれば、老化や病気を防げることもわかってきたのです。


従来からある病気の治療法の一つに、

高圧の酸素タンクの中に患者を数時間入れて置く方法があります。


確かに治療的効果はあるのですが、逆にこの両方を長時間やり続けると、

その他のいろいろな障害が発生してしまうことがあります。

その症状は、各種の放射線障害と呼ばれるものとよく似ています。


これは高濃度の酸素が、

体内に活性酸素を発生させたことが原因であると考えられています。


ネズミを使った実験では、

100%濃度の純粋な酸素が入った水槽の中でネズミを飼育した場合、

約1週間で死んでしまうこと。


このネズミは、通常の寿命は、3年半です。


しかもその水槽に入れて約12時間後には、

ふらつき始め、細かい震えが起こり、

食欲が低下して毛並みも悪くなっていくのです。


この原因も活性酸素であると考えられます。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional