', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

ポリフェノール

ポリフェノール


ポリフェノールは、動物には存在しない、植物特有の生体成分で、

フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、

アントシアニンなどの物質の総称です。


ポリフェノールとは、植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる

色素成分や苦味・渋味成分で、自然界には何千種類も存在すると言われています。


虫や小動物などによる攻撃や、

光合成のプロセス、紫外線により生じる活性酸素から、

植物自身が自らの生命を守るための生体防御物質です。


私たち人間のカラダの中でも、

抗酸化作用(酸化によりもたらされる害を防ぐ働き)を有することが確認されています。


健康のために私たちはこれら植物のちからを、

カラダの中にしっかり届くよう、できるだけ毎日摂っていきたいものです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional