', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

活性酸素を抑えるもの

活性酸素を抑えるもの

画像の説明

活性酸素は悪者です、それを押さえる物質が良い物となります。

その良い物を「抗酸化物質」と呼んでいます。


抗酸化物質は、体内の活性酸素発生を抑える働きがある物質です。

抗酸化物質を体内にたくさん持っている生物ほど、長生きをするのです。


抗酸化物質には次のようなものがあります。


1 ビタミンC

ビタミンCは、「美容、美白のビタミン」として人気があります。


風やガン、生活習慣病などの予防にと

守備範囲は広いものです。


風の要因であるウイルスは、細胞と細胞を

固めるCの作用で、活動が阻害され、

体内に入ったウイルスも その活動が阻まれます。


免疫力も高まるため、風などひきにくくなります。


がんに有効というのは、

発がん性質「ニトロソアミン」の発生を阻害する点です。


コラーゲンの合成が促進することによって

がんの進行が抑えられると言います。


抗酸化作用もあり、体内にできた過酸化脂質は、

動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の原因の一つです。


ビタミンCは、過酸化脂質ができるのを抑えます。


ストレスにも効果的です。


ストレスがある人は、其れを取り除こうと

副腎腎皮質ホルモンの分泌が盛んにします。


シミ、ソバカスの予防にも有効です。


無色のメラノーゲンが、紫外線で、メラニン色素に替わるのを防ぎます


コラーゲンの生成で、シワも予防するとも言われています。


鉄と一緒に摂取すると吸収力を高め

貧血の予防に効果があります。


多く含む食品

ブラッコリー、赤ピーマン、グァバ、アセロラ、レモン、いちご、カキ


2 ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用があり

若返り、老化防止」のビタミンとも呼ばれています。


体のサビとも言える過酸化脂質は、

有害で細胞膜を破壊し、ビタミンや酸素の働きを阻害し、

老化現象やがん化の原因となると考えられています。

ビタミンEは、体内の酸化作用で作らえたてしまった

活性酸素を分解し、過酸化脂肪が,出来無いようにします。


心疾患や脳卒中を予防することができます。


過酸化脂肪は、40代にさしかかると、できやすくなります。


中高年には、欠かすことができないものです。


ビタミンEの抗酸化作用は、ビタミンCと一緒に摂ると効果的です。


また、皮膚の末梢血管を広げ、血液の流れを良くし、

血をサラサラにします。


血行が良くなると、肌の色、ツヤもよくなりシミの発生も防ぎます。


冷え性やしもやけ、肩こり、頭痛、痔などの症状も軽くしてくれるでしょう。


多く含む食品

ヒマワリ油、綿実油、サフラワー油、アーモンド、ヘーゼルナッツなどのナッツ類

モロヘイヤ


3 βカロチン

βーカロチンはビタミンAの前駆物質であり、

生体内でビタミンAに変換される。


β--カロチンを多く含む食物は果物や野菜で黄色、

オレンジや緑色の色の濃いものだ。


例えば、ニンジン、スクワッシュ、ヤム、桃、アプリコット、

ホウレンソウ、マスタードグリーンやブロッコリなど。


β--カロチンは抗酸化物で、

DNAを傷つけてガンの原因となる物質から防禦すると考えられ、

期待されている。


疫学的調査研究によると

βーカロチンを沢山に含む食べ物を多く食べて、

血中のβーカロチンのレベルが高くなっていると

ガンとなる危険性が減少するとある。


特に、肺ガン予防になると言う。


4 尿酸

「尿酸」は、私たちの体の中に常に存在しており、

つくられる量(産生)と体の外に出される量(排泄)のバランスにより一定量に保たれています。


この尿酸の材料となるのが「プリン体」と呼ばれる物質。

尿酸はプリン体を代謝した結果生じる老廃物(燃えカス)なのです。


尿酸というと食べ物に含まれているプリン体を気にする人が多いのですが、

実は食べ物から取り込まれるプリン体からつくられる尿酸は全体の20%ほどに過ぎず、

残りの80%は体内にあるプリン体を原料にしてつくられています。

尿酸は以下の3つの過程でつくられています。


1.新陳代謝により放出されるプリン体からつくられる

体の中では、新しい細胞が生まれて古い細胞が死んでいく「新陳代謝」が、

絶えず行われています。古い細胞が死んでいくときに、

遺伝子を構成していたプリン体が放出、分解され、尿酸がつくられます。


2. 運動によるエネルギー消費によってつくられる

私たちがさまざまな身体活動を行うとき、そのエネルギー源として、

体内にある「ATP」という化合物が使われています。

ATPはプリン体の原料となります。


通常は、ATPがエネルギー消費のために分解されても

ほとんどが再利用されるため尿酸まで分解されるのは一部ですが、

急激な運動や暴飲暴食などでATPが急に多量に使われると、

再利用されることなく分解が進み、尿酸になるものが増えます。


3. 食品に含まれるプリン体を原料にしてつくられる

プリン体は細胞核の中にある遺伝子に存在するため、

内臓(レバーなど)や魚卵など細胞数が多い食材や、

乾燥により細胞が凝縮されている干物などに多く含まれています。


以上が私たちの生活の中で、比較的身近にある抗酸化物質です。


この他にカタラーゼ、スーパーオキシサイドなどが抗酸化物質として知られています。


実は日本人が好んで食べていたものなのです。

大豆、小豆、黒豆、海藻類、黄緑野菜、レバーなどたくさん含まれているのです。

祖先から受け継いだ、まさに生活の知恵なのです。


しかし、食生活の欧米化に伴い、

抗酸化物質をとることが次第に少なくなってしまいました。


抗酸化物質を取らなくなった分だけ、

活性酸素が大手を振って活動してしまうようになったのです。


それにより、ガンなどの病気が増えてしまったことになります。


私たちは、目だけでなく、体にも現代病が進行し、

最大の危機にある今こそ、この危機を救ってくれるのが、

ブルーベリーの青い果実と言えます。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional