', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

目と紫外線

目と紫外線

画像の説明

最近の気象状況を大変に変化が大きい状況です。

毎年記録的な気象状況をテレビなどで、報道されています。


最近の厚の天気も異常な暑さですが、

紫外線についても気になるところです。


紫外線による眼へに影響といえば、何が起こるかご存知でしょうか。


それは、強い紫外線を毎日浴びると、翼状片や白内障・瞼裂斑になる可能性か高いということです。


目から入った紫外線によぅって、目の中に影響が出るということです。

目の中が日焼けをするのです。


目の中が紫外線によって日焼けをして、シミになってしまいます。

(メラニンが作られます)


それを防ぐためにも、ツバのある帽子(7センチ以上)やサングラスで目を守ることを忘れないでください。


サングラスは、薄い色のサングラスを選ぶようにしてください。

濃い色のサングラスは、瞳孔が大きく開き紫外線が多く目の中に入ってしまうからです。


目の健康のためにも、毎日のケアをやっておかないと、

年を取ってから、目に悪い影響が必ず出てきます。

日頃からの目への思いやりをしておきましょう。


紫外線と3つの目の病気

紫外線は視力低下を引き起こす「白内障」や「翼状片」の原因となると考えられています。


1.翼状片

画像の説明


翼状片は、白目の組織の細胞が異常に増殖して黒目に食い込んでしまって起こる目の病気です。


翼状片の原因として、紫外線が影響していると考えられ、白目と黒目の境界が紫外線で傷つき、その防御反応や修復の過程で起こると考えられています。


初期症状では充血や異物感、ドライアイ、眼精疲労などがあらわれます。

瞳孔の近くまで白目が侵入すると視力障害が起こる場合もあります。


また、耳側から差し込む紫外線は鼻側に集まりやすいため、目の鼻側から発症するのが特徴です。


2.白内障

画像の説明

白内障は水晶体のたんぱく質が変性し、次第ににごってくる目の病気ですが、そのにごりの原因に紫外線が影響していると考えられています。


3.瞼裂斑(けんれつはん)

画像の説明

たんぱく質が変性し、白目の一部が変色・盛り上がる目の病気。

たんぱく質が変性してできた白目のシミのようなもの。肉眼では良く見えない。

目が赤く充血。瞼裂斑が大きくなって盛り上がってきて、炎症を起こすと「瞼裂斑炎」になり、充血・ドライアイなどの症状が出るそうです。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional