', 'auto'); ga('send', 'pageview');

ブルーベリーの効果はアントシアニンの濃度が重要です。

血管保護機能・抗腫瘍活性作用

血管保護機能・抗腫瘍活性作用

画像の説明

うさぎやラットの実験により、ブルーベリーの経口投与で、

血管保護の働きがあることが証明されています。

特に毛細血管まで活性化することが分かっています。


しかも、実験結果から、ブルーベリーには副作用がないことも確認されています。

血管が強くてしなやかであれば、脳卒中などは防げます。


また、血圧も正常値に落ち着き、コレステロールなども正常値を保ちやすくなります。

つまり、血管を健康に保つことは、成人病を防ぐ基本なのです。


また、女性の方に多く見られる症状ですが、冷え性も現代病といってもいいでしょう。


特に、指先などの末端が冷える人は、

夜も安眠できず、真夏でも、足元はストーブで温めると言う人がいるくらいです。


しかし、これは抹消の毛細血管が良くなければ、解消されるはずです。

ブルーベリーは、冷え性を防ぐ効果まであるのではないかと考えられます。

また、現代社会はストレス社会です。


ストレスによる胃潰瘍のようなものになってしう中学生もいるくらいです。


本質的に胃潰瘍を治療するには、

ストレスに負けない気持ちを作るしかないのですが、

それでもブルーベリーを食していれば、対処療法的に効果があるのです。


これらも、ラットの実験で証明されています。

もちろん副作用はありません。

なのでおやつの代わりに、ブルーベリーを食べて健康になればいいのです。


ブルーベリーサプリメントはこちらをクリックして下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional